奥明日香の綱掛神事

奥明日香の綱掛神事
明日香村の飛鳥川上流の奥明日香に古くから伝わる綱掛神事。稲渕地区に男綱、栢森地区に女綱を飛鳥川に掛け渡す。
子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押しとめ、住民を守護するための神事と言われている。

稲渕の男綱
稲渕の棚田から少し登った飛鳥川に掛かる男綱。

栢森の女綱
そして更に飛鳥川を上って栢森地区にある女綱。

栢森の女綱
毎年、年が明けて一週間ほど経った時に綱を掛け替える神事があり、この季節は新しい状態の男綱と女綱が見れる。

名前の由来は男女のシンボルを表しているとか、飛鳥川にある女渕と男渕から来ているとか諸説ある。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です