ニコンF6

プロ用一眼レフカメラの主流がデジタルに移りつつある2004年に発売されたニコンF6。ニコンのデジタル一眼レフカメラのフラッグシップ機の値段が下がっていたとはいえ、アマチュアにはまだ...

ニコンF100

姉に娘ができて歩き出した時、マニュアルフォーカスに限界を感じた。子供の動きについていけない・・・当時はペンタックスLXを使っていたがSMC PENTAX-M 200mm F4を付け...

キャノンAE-1

高校生の頃、父親が馴染みのカメラ店からキャノンAE-1を持って帰って来た。その頃、一眼レフカメラに興味が出始めて、中でもCMの「連写一眼」のキャッチコピーのキャノンAE-1が気にな...

キャノンⅡD改型

親戚の結婚式があると父親はマミヤM645とキャノンのレンジファインダー機を持ってさっそうと出かけた。メインはマミヤだけどキャノンのレンジファインダー機はお気に入りだったようでⅡD改...

オリンパス ペンS

オリンパスがデジタルミラーレスカメラで復活させたペンシリーズ。でもその始まりはハーフサイズコンパクトカメラだったのは自宅のカメラを整理し始めて、初めて知った。 1960年に発売され...

コニカ プレス2

1900年代前半のストーリーの映画の新聞記者が使っていたようなプレスカメラ。当時は画質のいい写真を取るために120フィルムのカメラを使用していたのだろう。 その後135フィルムが画...

ミノルタV2

その構造上高速シャッターが苦手なレンズシャッター。必ず一瞬は全開にする必要があるため、高速化は簡単ではない。そんな構造に挑戦し、レンズシャッターカメラ史上最速を誇るのがミノルタVシ...

コーワSE

コーワブランドのカメラ、KOWASEはレンズシャッター式の一眼レフカメラ。コーワという会社はあのコルゲンやウナでおなじみの製薬メーカーぐらいしか思いつかず、どんな会社なのかと調べた...

ミノルタAL-F

物心ついた頃から自宅には沢山のカメラがあり、どんな玩具で遊んでいたことよりもどのカメラで遊んでいたのかの記憶の方がはっきりしている。 中学生の頃から写真を撮り始めたが、その時に使っ...

オリンパス6

戦前から発売されているオリンパス6シリーズ。1951年代発売のシックスⅢaはボディシャッターボタンの連動のみで距離計連動ファインダーは持たないシンプルな構造で6×6判と6×4.5判...