立てば芍薬、座れば牡丹

今年最初の台風がフィリピンで発生し、夏がだんだんと近づいてくる奈良大和路。 美しい女性の代名詞である牡丹と芍薬で有名な石光寺。ゴールデンウィーク明けは芍薬の季節で先月に続いて再び訪...

近鉄特急は行く

真夏日近い日が増えてきた奈良大和路。風が気持ち良いのでサイクリングにはちょうどいい。奈良の新型コロナは落ち着いてきて、緊急事態宣言は解除されそう。でも大阪や京都はまだ解除されないの...

紫色の堤防

だんだんと日差しが強くなって日焼けが気になる季節になってきた奈良大和路。なんか一気に真夏日が続くようになりそう。 毎年この季節、クサフジだらけになる佐保川の堤防。今年もきれいな紫色...

長岳寺、再び

蜜柑の花が香るようになった奈良大和路。ゴールデンウィークの自粛が効いたのか新型コロナの感染の伸びが鈍ってきた。緊急事態宣言の一部解除も検討されているらしけど、今緩めるとまた広がるよ...

人がいない

ゴールデンウィーク明けもいい天気が続く奈良大和路。新型コロナの影響でスポーツクラブもずっと休業しているので運動不足解消のために週100kmを目標にサイクリング。 主要なお寺は拝観を...

立夏

緊急事態宣言が5月末まで延長され、未だ新型コロナの出口の見えない奈良大和路。でもいくら外出を控えても髪は伸びる。 散髪前にいつもの佐保川に架かる大宮橋から若草山を眺める。だんだんと...

夏の足音

5月に入り一気に暑くなり、夏日が続く奈良大和路。庭の花もどんどん咲き進む。 昨年黄菖蒲のそばに移植した青いダッチアイリスが咲き始めた。と同時にしばらく咲いていなかった赤紫色の菖蒲が...

春深し

四月も最終日を迎え、だんだん日差しが強くなってきた奈良大和路。サイクリングにはいい感じで明日香村まで運動のために走る。 スタートはいつもの勝間田池から。

藤の季節

静かな昭和の日を迎えた奈良大和路。いつもなら帰省ラッシュがピークを迎える頃だけど、どの交通機関も昨年の8割程減っているらしい。 不要不急でない外出、食料品の買い出しにイオンへ行く時...

関西花の寺第十九番

春の花の季節は進む奈良大和路。桜の季節が終わり、牡丹、石楠花の後は藤や躑躅の季節となる。 関西花の寺の一つ、長岳寺は山の辺の道沿いにあるツツジで有名なお寺。

ステイホームウィーク

普段ならそろそろゴールデンウィークの人が増えてくるはずの奈良大和路。今年は新型コロナの影響で興福寺五重塔の眺めがいい、猿沢池周辺も閑散としている。

當麻寺西南院の石楠花

當麻の塔が美しい眺望の西南院。門をくぐると色とりどりの牡丹が満開を迎えていた。 牡丹は後で楽しむとして、まずは庭園へ。西南院の庭園は江戸時代初期に造られたもので歴史がある。

牡丹園の始まり

昨年からミツバチに好かれていた當麻寺仁王門の阿形様。ミツバチはよっぽど好きになったようで内部に住み始めた。阿形様のはちみつが採れるかな。

関西花の寺第二十番

季節の便りはいつも通りの奈良大和路。桜が終わり、當麻の里では牡丹が見頃となっている。 いつも二上山を撮っている場所から山の方へちょっと行くとある石光寺。牡丹の美しいお寺というのは知...

電車は走る

いろいろあっても季節の風景は変わらない奈良大和路。當麻寺へ行く時に必ず立ち寄る二上山の撮影ポイントでしばし休憩を兼ねて写真を撮る。